料理人・調理師になるには?向いている人は?

料理人・調理師になるにはどのような方法があるのでしょうか?料理人の中でも、調理師免許を保有していれば「調理師」と名乗ることができます。専門学校に行く必要があるのか、修業はどのくらい必要か、などのポイントを解説します。

料理人・調理師 2017/10/17

料理人・調理師になるにはどのような方法があるのでしょうか?料理人の中でも、調理師免許を保有していれば「調理師」と名乗ることができます。 専門学校に行く必要があるのか、修業はどのくらい必要か、などのポイントを解説します。

料理人・調理師になるまで

料理人・調理師は、料亭やホテル、レストラン、給食センターや病院等で料理を作ることが仕事です。

料理人・調理師になる方法には、①専門学校・調理師学校を卒業する方法、②飲食店で実務経験を積み、調理師免許を取得して調理師になる方法、③未経験のまま、まずは採用試験を受ける方法の3つがあります。

1. 専門学校・調理師学校を卒業する

専門学校・調理師学校では、料理の知識や技術を基本から学ぶことができます。高校を卒業して入学する人が多いですが、年齢制限は特にありません。
一から料理の基礎を学びたい人や、学費・時間の面で余裕がある人にはおすすめの方法です。

厚生労働大臣指定の調理師養成施設を卒業すると、調理師免許を申請する資格が貰えます。この場合、在学中に必要な知識、技術を学んだとみなされるため、調理師試験を受験する必要はありません。申請すると必ず受理されるため、すぐに調理師と名乗ることができます。
料亭やホテル、レストランなど自分が働きたいと思う店の就職試験を受け、採用されたら料理人・調理師としての第一歩が始まります。

この記事のタグ

関連記事