寿司職人になるには?

旬の魚を選んでさばき、手際よく酢飯と合わせて握って提供する寿司職人。修業が厳しそうなイメージですが、寿司職人になるためにはどのような方法があるのでしょうか?修業期間や年収についても解説します。

寿司職人 2017/10/23

持っておくといい資格や能力

寿司職人は学歴、職歴、資格を求められません。ただ、もし寿司だけでなく、幅広く料理をしたいと思うなら調理師免許を取ることもおすすめですし、和食で高級食材として知られるふぐの調理師資格などもあります。

また、外国語能力は寿司職人としての活躍の場を広げます。寿司は海外でも注目されている料理です。日本で技術を学び、海を渡って高収入を得る寿司職人もいます。これは寿司がおいしいだけでなく、本場の日本人が寿司を握る店が外国人にとって貴重であることも理由の1つです。
寿司職人は学歴、職歴、資格を求められません。ただ、もし寿司だけでなく、幅広く料理をしたいと思うなら調理師免許を取ることもおすすめですし、和食で高級食材として知られるふぐの調理師資格などもあります。

また、外国語能力は寿司職人としての活躍の場を広げます。寿司は海外でも注目されている料理です。日本で技術を学び、海を渡って高収入を得る寿司職人もいます。これは寿司がおいしいだけでなく、本場の日本人が寿司を握る店が外国人にとって貴重であることも理由の1つです。

女性の寿司職人も増えている

最近は女性の寿司職人も増えてきています。これまで女性の寿司職人が少なかったのは、昔から特に男性の多い業界であったことが要因とされています。

しかし昨今、女性が様々な職業で活躍するようになりました。男性に負けないように修業するだけでなく、女性らしさを活かした寿司づくりのあり方を見つけるのもよいでしょう。

さいごに
寿司職人になる道のりは簡単なものではありませんが、一流の職人になれば自分のお店を持つことも可能です。場合によっては需要の高い海外でのキャリアも望めます。
しかし、寿司職人の世界は昔ながらの職人文化が残っていることや体力が必要であることも忘れないでください。挑戦したいという気持ちを大切に、覚悟を持って寿司職人の道を進みましょう。

この記事のタグ

関連記事